正面

アメリカにて、PSガレージの自動車関連のエージェントより、「おもしろいエレノアレプリカの出モノがある!」連絡が入りました。

前々から、エレノア・レプリカについてリサーチを行っていたのですが、名の通ったエレノアビルダーでも「内金払ったけど一向に作らない」や、「オーダーと内金を集めるだけ集めて無くなっちゃった」等など恐ろしい限りです。どことは言いませんが、エージェントがコンタクトしたところ2社も同様な感じで、「いや、オーダーしなくってよかった!」と、胸をなでおろしたところです。

今回のクルマは完成車で、ワシントンのランボルギーニやフェラーリをメインに扱っているディーラーが売りに出していた車体です。このディーラーは、業者オークションでこの車を手に入れ、さらにお金と時間をかけてモデファイし、完成度を更に高めました。

背面

結局は自分のところの顧客と嗜好性が合わず、在庫となっていたものを今回赤字処分と言うことで放出されました。現在船会社への移動は完了し、出航待ちです。日本への到着は4月初旬予定。今年のGWに展示が間に合うよう全力でやってます。

何箇所か、劇中と違う部分がありますが、それもパーツが同梱されているので、スムーズにいけば、ほぼ完ぺき劇中レプリカとしてPSガレージに入ります。どうぞ、ご期待ください。

なお、下記がこのエレノアの説明文を和訳したものです。

1968 Shelby Mustang GT500 E

1968 Mustang GT500 "Eleanor"への敬意の証として、費用に制限を課さず製作された一台です。1968年式のオリジナルボディーとシャーシを元に、全てを記録に残しながら細部にわたり全面的にレストア作業を行いました。

ダッシュボードには、キャロル・シェルビー本人の証明書付きサイン入りです。

サイン証明書

エンジンは、Smeding PerformanceのBen Smeding氏の手により、新品のFord 351 スポーツマン・レーシングブロックを427CIにボア&ストロークアップしてあります。Road Demon 750キャブレターが装着されたエンジンは、公称約535馬力を発揮します。

この車輌を製作するにあたり、ほとんどの部品は新品を使用し、主に下記のような装備が施されています。

内部
内部
GO-BABY-GOシフトノブ

この車輌は、エレノア・マスタングの非常に良く仕上げられたレプリカの優秀な例であり、3年の月日、何百時間にも及ぶ作業時間、そして構造的完全さを保ち腐食の進行を妨げるために、極めて細部にわたる作業が施されました。この車輌を製作するにあたり目標としたのは、可能な限り映画に使われた車両と同じに仕上げる..という点でした。

車輌には、ニコラス・ケイジのサイン入り写真と、キャロル・シェルビーの証明書が付属しています。

コンテスト入賞歴
2008 People's Choice winner NW Mustangs Show.
2008 Best of Show winner Mill Creek NW Mustangs Show.
2009 29th Annual NW Mustangs Peoples Choice Award.

那須PSガレージサイトへ


×このウィンドウを閉じる