カーミュージアムレストラン 那須PSガレージ



アメリカFORD GPA
フォード GPA
フォード GPA/フロントフォード GPA/インパネ
※マウスをあてると写真が切り替わります
水上から陸上へと兵員を移送する目的で、1941年ジープをベースに、スパークマン・ステファンズ社とマーモン・ハリントン社共同で設計開発。量産は1942年、フォード社により開始。1943年までに12,788両が量産されたと伝えられる。水上走行時における機構の信頼性はかなり高く、推進装置、操舵、排水機構の信頼性などは通常の車輌には見ることのできない独特の構造である。水上から陸上へ這い上がる様子は両生類そのもので、SEEP(水上のシープ)とも呼ばれている。

【解説】 GEN 佐藤元信
展示車両一覧へ △
スペック
製造会社 FORD
車種名 GPA
型式 トラック1/4ton 4×4
水陸両用車
製造年 1942年
エンジン形式 GPA422 SV4気筒 2199cc
全長 4618
全幅 1625
全高 1339
車両重量 2018kg
ホイールベース 2133
トランスミッション 前進4段 後退1段
生産台数 12,788台と伝えられる

 
展示車両メニュー施設交通・ご予約お問い合わせHOME
コラムマネジャの日記イベントとスペシャルメニュー展示車両のリースリンク
(c)copyright2003 NASU PS GARAGE