カーミュージアムレストラン 那須PSガレージ



アメリカFORD GPW
フォードGPW
フォード社がウイルスMBの設計をもとに、本格的に量産したジープ。フォード独白の合理主義が車体の全てにおよんでいる。特にラジエターグリルのデザインやボディーのプレス。フレームの構成部品などに、量産メーカーの特長が見受けられる。世界の自動車史の中で重要な足跡をしるした。

【解説】 GEN 佐藤元信

 
展示車両一覧へ △
スペック
製造会社 FORD
車種名 GPW
トラック1/4ton 4×4
戦闘偵察
製造年 1943年
エンジン形式 直列4気筒
S.V.2200cc54馬力
全長 3359
全幅 1575
全高 1772
車両重量 1113kg(空)
ホイールベース 80inch 2032mm
トランスミッション トランスファー
前進3段 後退1段×2
生産台数 約270,000台
1941年〜1945年

 
展示車両メニュー施設交通・ご予約お問い合わせHOME
コラムマネジャの日記イベントとスペシャルメニュー展示車両のリースリンク
(c)copyright2003 NASU PS GARAGE