カーミュージアムレストラン 那須PSガレージ



アメリカFORD MUTT M151(量産初期)
フォード MUTT M151(量産初期)
戦後、新しいジープのコンセプトでフォードが開発に着手したモデルである。1.59mの渡渉能力、24Vの強力電装、全輪独立懸架とモノコックボディーの軽量化など意欲的な設計であったが、サスペンションの欠陥により事故が続出。以後151A1〜A2と改良されていく。
★当車輌は151のごく初期のモデルで、マグネシウムのキャストホイールが装着されたとても珍しい車輌で、そのほとんどがベトナム戦に投入され現存しているものは非常に少ない。

【解説】 GEN 佐藤元信

 
展示車両一覧へ △
スペック
製造会社 FORD
車種名 MUTT M151
多目的戦術小型トラック
1/4ton 4×4
製造年 1959年
エンジン形式 直列4気筒
O.H.V2319cc 72馬力
全長 3371
全幅 1633
全高 1803
車両重量 1107kg(空)
ホイールベース 2159
トランスミッション トランスファー
前進4段 後退1段×1
電装 24V
モノコックボディー 全輪独立懸架

 
展示車両メニュー施設交通・ご予約お問い合わせHOME
コラムマネジャの日記イベントとスペシャルメニュー展示車両のリースリンク
(c)copyright2003 NASU PS GARAGE